忍者ブログ
プレイしたフリーゲームの感想を書き綴ったブログです。 内容にネタバレを含む場合があるのでご注意下さい。 今までに感想を書いたフリーゲームのリストはリンクの「感想リスト」で見れます。

<<05 * 06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  07>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【タイトル】放課後☆スペシャル
【HP】抹茶きのこ
【プレイ時間】1時間くらい
【ジャンル】BLアドベンチャー
【ツール】NScripter
【公開日】2005年4月1日

ちょっと暴力的・グロ的な表現があります。
一枚だけですがグロいなと思うCGがあるので苦手な方は注意です。

親友の拓也が持ってきたCDを僕が誤って割ってしまったことに端を発して二人は喧嘩に。
最初は普通に謝って仲直りしたり、仲直りできなかったりとそんな話だったのですが、何回かプレイしていると選択肢が増えていきます。
友情以上の関係になったり、ますます険悪になって殺伐としたエンドを迎えたり、なぜか降霊術の話になったりと展開もいろいろです。
本編では超デフォルメでラフに描かれているイラストがCGモードでは、綺麗に描かれていたのにびっくりしました。
面白い仕掛けだなと思いました。
でもラフ画はラフ画でかわいいなと思いました。
エンディングロールでのイラストもなかなか味があっていいです。

拍手[0回]

PR
zansyu1.jpg
【タイトル】斬首人が連れて行く(公開終了)
【HP】 *coelacanth*
zansyu2.jpg
【プレイ時間】1周40分くらい
【ジャンル】オカルティック18禁BL ADV
【ツール】吉里吉里2/KAG3
【公開日】2009年6月7日


2010年2月末で公開終了とのことです。

残酷な描写および性描写があるので苦手な方はご注意下さい。
18歳未満の方はプレイできません。

人を寄せ付けない古城、降り続く雨、首切り役人の血筋、後継儀、斬首人という、これから何か起こるのではないかと想像させる舞台設定を見てるだけでワクワクします。
集まってくる人達も一癖も二癖もありそうです。
なにやら確執のありそうな兄、シアを主と認めない無愛想な執事、素姓のしれない顔を隠した探偵。
そして彼ら(+α)はそろいもそろってシアを狙っています。
シアたいへんだな……。

ストーリーは最初からいきなり首なし死体が登場します。
《斬首人》に首を斬られて死ぬという言い伝えをなぞらえるように、この後も首を斬られる描写が登場します。そんなに表現的に生々しいわけではないのですが、流血描写が苦手な方にはきつく感じるかもしれません。
殺人者は潜んでいるし、得体のしれない謎の徘徊者はいるし、こんな恐い城、私だったら一人で歩くのは嫌です。かといって、誰と居ても安全とも思えないのが辛い所です。
謎の徘徊者は見事な変態ぶりを披露して下さいました。
END8はなぜこうなってしまったんだ? と思うようなENDでした。
シアに関して最後に明かされる謎には驚きました。
でも、ちゃんと伏線もあったし、気づかなかった私は注意力不足ということですね。

この物語、1つのルートを見ただけでは謎が残ってよくわかりません。
「首切り協会」や「監獄」との間には何やら因縁がありそうで、どこかで明らかになるかなと思っていたのですが残念ながら全部のENDを見てもよくわかりませんでした。
このへん、いつか補完されるお話が読めるといいなと思ってます。

25時のウロボロス」の時もそうだったのですが、続きが気になって気になって、とにかく夢中で読み進めてしまいました。
ただ、攻略がけっこうシビアで選択肢を1つでもはずすとあるENDばかり見ることになってしまうし、特定のENDを見ないと次のルートが開けなかったりします。
私は最初END5ばっかり見ていました。
サイト様にある攻略情報を見て、ようやく別のENDへたどりつけました。
エセル、ライナス、オーガスタスに関してそれぞれTURE ENDがあるのですが、シアにとってはどれが幸せなんだろう? と考えてしまいました。
うん、でも考え方によってはシアがよければどれも幸せかなとも思います。

拍手[0回]

【タイトル】25時のウロボロス (配布終了)
【HP】 *coelacanth*
*coelacanth*
【プレイ時間】1時間30分
【ジャンル】B級サスペンス風18禁ボーイズラブADV
【ツール】吉里吉里2/KAG3
【公開日】2008/12/21
【対象】18歳未満禁止
期間限定配布

私は、BLゲームはほとんどしないのですが、B級サスペンス風というのに惹かれてプレイしてみました。
まるでホラーサスペンス映画を見ているみたいで、面白かったです。
雪に閉ざされた平和な町に突如現れた殺人鬼。
主人公のエリクは、殺人鬼に襲われ、恥ずかしい写真を撮られて脅迫され、言いなりになります。その殺人鬼がまさに変態的な行為を強要して……。こんな恐ろしい殺人鬼に目をつけられてしまったエリクに同情します。
エリクは男にも女にもモテモテなんです。
一応女の子にも誘われたりもするので、もしかして、この子とラブラブになる展開もあるのかな? と思ってしまいました。
でも、作者様のサイトに攻略相手とラブラブになるゲームではないって書いてありますものね。
話が進むにつれて「犯人は一体誰なのか?」という興味でぐいぐい引っ張られていきます。
でも、あやしいと思われた人物も死んでしまい、ますます謎な展開に!



犯人の正体がわかるのはBEST ENDのみなのですが、このBEST ENDも、まだまだエリクの受難は続きそうでなんとなく無気味です。
私が最初に見たのはBAD END「すべては闇に葬られ」だったのですが、犯人の正体もわからず次々と殺され、なんとも心にもやもやしたものが残りました。ただこのENDも後に犯人の正体がわかると「ああ、そういうことか」と思いました。このENDが一番好きです。

性描写および猟奇的な描写があり、流血シーンがあるので、そういのが苦手な方はご注意ください。

拍手[0回]

HOME


応援ランダムバナー
プレイ済みのフリーゲームのバナーをランダムに表示しています。

カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/07 ミツル]
[03/04 みうらくん]
[01/28 ミツル]
[01/27 沙鳥]
最新記事
(12/05)
(11/20)
(11/19)
(11/16)
(11/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミツル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 樹上開花(フリーゲーム感想ブログ) All Rights Reserved