忍者ブログ
プレイしたフリーゲームの感想を書き綴ったブログです。 内容にネタバレを含む場合があるのでご注意下さい。 今までに感想を書いたフリーゲームのリストはリンクの「感想リスト」で見れます。

* admin *  * write *  * res *
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【タイトル】水護墓
【DL】vectorより
【プレイ時間】1時間
【ジャンル】探索アドベンチャー
【ツール】RPGツクール2000

「大阪を舞台に、歴史のIfを盛り込んで織り上げたRPG風探索アドベンチャー」ということで、思い切り興味をひかれました。遺跡の探索にはロマンを感じます。
これも、やはりきっかけはvectorのレビューでした。

前半はサウンドノベル風だったので普通に読みながら進めていたのですが、後半はガラリと変わってキャラを操作しての探索。
RPGツクール2000で作られたゲームをプレイするのが初めてだったので、いろいろと新鮮でいろいろと感動しました。
そこだけライトを照らした様に主人公の周りだけが明るいのも先に何があるのかわからないのでドキドキしたし、隣でキャラがピョコピョコ動くのも可愛かった。当時、操作に慣れてなかったので、とまどうことも多かったけど先へ進みたくなる楽しさがありました。
ちょっと頼りないけど一生懸命な松田君と冷静沈着で頼もしい今岡さんとのコンビも面白く、二人の会話も楽しい。会話する事によって脱出への道が開けてくるのも面白いやり方だなと思いました。
途中、ちょっとしたパズルがあるのですが、そんなに難しくなくてよかったです。ストーリーを楽しみたいので、ミニゲームで苦労して先へ進めなくなるとかいうのは苦手なのです。
最後までプレイしてみて、そんなびっくりのIfがあるというわけではなかったのですが、もしかしたら本当にこんな事もあるかもと思わせてくれました。大阪という土地に根ざしたストーリーで、歴史のロマンを感じさせる、そんな作品でした。
以下は、エンディングに関してネタバレあり。

 



+ + + + + + + + + +

 

エンディングは全部で4つ。
その中の、地底湖を見つけて、そこで脱出できないまま終わるエンディングは、なんか美しかったです。脱出できないし、ここで命が尽きるんだろうなと想像させるBad Endなんだけど印象に残りました。
遺跡と古代の叡智に魅せられた者が、実際にそれを目にして、長い長い悠久の時の流れを感じる。何千年も何万年も、地下でひっそりと眠り続ける古代からの輝きを目にした時、人はただ言葉を失いいつまでも見つめていたいと思うのかもしれませんね。


拍手[0回]

PR
<<SENA|   HOME   |時の故郷(ときのふるさと)>>


応援ランダムバナー
プレイ済みのフリーゲームのバナーをランダムに表示しています。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/07 ミツル]
[03/04 みうらくん]
[01/28 ミツル]
[01/27 沙鳥]
最新記事
(12/05)
(11/20)
(11/19)
(11/16)
(11/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミツル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 樹上開花(フリーゲーム感想ブログ) All Rights Reserved